トップページ 会社概要
もっともっと多くの皆さんに日本の民族酒の酒蔵を知ってほしい

世界各国、優れた文化を持つ民族は、その国独自の酒を持っている。我が国、日本は主食である米を原料に移り変わる四季を持つ風土と日本人の繊細な美意識が世界に誇る日本酒(清酒)を造り上げた。ですから全国各地に地酒としての造り酒屋が点在しているが、その酒蔵の数も戦中、戦後と極端に減少しております。

我が国の文化の一翼を担う古来の伝統酒の生産者として、もっともっと多くの皆さんに日本の民族酒の酒蔵を知って頂くためホームページを開設しました。

取締役会長  田丸 眞
 商号  千徳酒造株式会社
 創業  明治36(1903)年
 資本金  1,150万円
 事業内容
 清酒製造販売
 所在地
 〒882-0841 宮崎県延岡市大瀬町2-1-8
 電話番号
 0982-32-2024
 ファックス番号
 0982-32-2169
 URL  http://www.sentoku.com
 メールアドレス  info@sentoku.com
 従業員  12名
 役員名  
 明治36年  恒富村新小路(現在千徳酒造)に恒富酒造合資会社を創立。
 資本金弐萬円 出資者 山本彌右工門、甲斐鹿治、井上松三郎、井上大三郎 他
 酒類・醤油 製造販売 <商標> 酒「さくら」、醤油「富士」
 昭和2年12月
 恒富酒造合資会社を解体して新たに延岡酒造株式会社を設立。
 資本金 拾萬円 株主 45名
 酒類・醤油 製造販売 <商標> 酒「日向桜」、醤油「富士」
 昭和17年  小田清工衛酒造合併に依り 資増加 五萬円
 昭和19年12月
 統制法に依り、合資会社 日平商店、興梠国治酒造、延岡酒造の三酒造にて現在の
 土地に日向酒造株式会社設立。
 資本金 拾九萬七千円 <商標> 酒「向洋」 醤油製造は廃止
 昭和23年
 資本増加
 昭和25年
 資本増加
 昭和27年  資本増加
 昭和32年  資本増加 資本総額 990万円
 昭和36年  日向酒造を千徳酒造と社名変更。社屋改築。
 昭和43年
 新栄合資会社と合併。
 資本金 1,150万円増資。
 昭和63年  仕込蔵改築。

▲このページのトップへ戻る
千徳酒造株式会社
〒882-0841 宮崎県延岡市大瀬町2-1-8
Tel 0982-32-2024 Fax 0982-32-2169
http://www.sentoku.com
info@sentoku.com お酒は20歳になってから。お酒は適量をおいしく。
Copyright(C) 2010 SENTOKU SYUZOU. All Rights Reserved.